歯科に通っておばあちゃんになっても元気な歯を多く残すことができる

矯正もできる

水のついた歯ブラシ

歯をきれいに健康で保つためには、歯の専門家に指導してもらったことを、自分で行うセルフケアが不可欠です。
もちろん、プロケアといいますが、専門家に歯磨き指導や、予防処置を受けることも大事です。
セルフケアを毎日行い、定期的なプロケアを受けましょう。
近年、予防歯科が注目されてきています。
これは、虫歯などになってしまってから治療するのではなく、なる前にそれを予防するように、ケアや処置をすることをいいます。
虫歯などになってしまってからの治療より、負担が軽いことが大きなメリットです。
また、歯を失ってしまうと食べる行為に影響し、生活の質が落ちてしまいます。
そうならないためにも、定期的に専門機関に通い、歯の健康を心掛けましょう。

歯の専門家とは、どのような職種を指すのでしょうか。
歯科医師は、歯科医師法により規定されている医療従事者です。
歯学に基づき、歯の傷病の診断や治療、予防を行います。
歯科衛生士は、歯に関する予防処置や診療補助、歯に関する保健指導等を行います。
歯科技工士とは、入れ歯や差し歯、銀歯などの製作・加工を行います。
一般歯科ではこの3種類の職種が関わることが多いです。
その他にも、最近では口腔ケアを行う病院や介護施設が増え、口腔ケアに携わる職種もいます。
口腔ケアとは、口腔の疾病予防をし、生活の質を保つことを目指したものです。
この口腔ケアは、看護師や管理栄養士、言語聴覚士などの多数の職種が、連携して行われる場合が多いです。